'; ?> 英会話リスニングはケータイ(携帯)・iPod・CDで!

 

英会話リスニングはケータイ(携帯)・iPod・CDで!

英会話リスニングはケータイ(携帯)・iPodで!

英会話でも、とくに日本人に苦手とされるリスニング。
なんとか、十分に習熟したいものです。
通勤・通学の電車の中で、本を読んだり、プレーヤーで何かを聴いている人をよく見かけますが、英会話のリスニングも、そういった日々のちょっとした時間で勉強できるといいですね。

 

実際に、mp3の英会話リスニング教材をiPodで聴いたり、あるいはケータイ(携帯)の形式に変換して聴いてる人も多いです。実は私もその一人。

 

まだやってない人は、試してみてはいかが?

MP3の英語音声教材をiPodで聴く方法

英会話学習のために、MP3の英語音声教材をiPodで聴く方法ですが、

 

これは、ふだん音楽を聴くためにiPodを使っている人には、説明するまでもないですね。
英会話も同じです。
MP3の英会話音声ファイルを、iTunesのサイトからダウンロードしたiTunes(フリーソフト)に取り込んで、iPodに送信するだけです。

 

どちらかというと、MP3形式の、いい英語教材を探すほうが手間かも知れませんね。

 

たとえば、「聞き流すだけ」で有名な某英語教材は、もちろん有料ですが、MP3ダウンロード版は、ピーターラビット編の体験版を、誰でも無料でダウンロードすることができます。
これは、なかなか良いですよ。

 

  ⇒ 英会話教材の無料体験版
    (飛び先のページの中ほどにあります)

英会話教材をケータイ(携帯)で聴く方法

iPodを持ってない人も、おそらくケータイ(携帯)は持ってると思います。
そんな人は、携帯で英会話を聴けたら嬉しいですよね。
今では、mp3の音声を、そのまま聴ける携帯も増えてますが、携帯用の形式でしか聴けない携帯も、まだまだ、たくさんあります。
あなたの携帯が、そういう携帯でも、英会話を聴く方法はあります。

 

たとえば、au(Win)なら、au Music Port(またはLismo)を使って、携帯で英会話を聴くことができます。

 

まず、iPodの場合と同様、mp3音声をiTunesに読み込みます。
次に、そのmp3ファイルを、iTunesの「詳細」メニューから「選択項目をAACに変換」を選んで、AACファイルに変換します。

 

すると「マイミュージック」フォルダのiTunesの中の、アーティストやアルバムのフォルダをたどっていった先のフォルダに、「m4a」という拡張子のファイルができます。

 

そして、au Music Portを立ち上げて、そのファイルを「インポート」し、「楽曲の変換」を行い、携帯に「転送」すればOKです。

 

やってみると簡単ですよ。
まずは、下の無料体験版(mp3ファイル)で試してみると、よく分かります。

 

  ⇒ 英会話教材の無料体験版
    (飛び先のページの中ほどにあります)

いままでの英会話リスニング学習と、何が違うの?

従来の英会話のリスニング学習は、まず、英語をザッと聴いて、次に、その英語に対応する日本語を聴くといったものでした。でも、その学習法では、後から聴いた日本語が頭に残るだけで、先に聴いた英語の方は頭に残りませんでした。でも下のピーターラビットの教材は、ちょっと違います。   聞き流すだけで英語をマスター...

≫続きを読む

 

絶大な効果の仕組み

多くの人は、学校で、英語→日本語の順で学んできました。しかしこの方法は、実はあまり効果がなかったのです。たとえば、ある講演者が英語でスピーチして、そのあとに日本語の翻訳がついても、たいていの人には、ほとんど英語の勉強にはならないでしょう。それは、英語を聞き取れていない上に、そのあとに日本語で意味を聞...

≫続きを読む

 

利用者の声

最初は、製品についていた印刷済みのテキストをつらつらながめながら、CDを聞いていました。でも、すぐそのテキストもいらなくなり、聞き流すだけで英文がスラスラ頭に入ってくるようになったので、車の運転中や電車の中でも楽しく聴けました。CD1枚あたり2週間も聞くと、ほぼ丸暗記できました。その後、日本語部分の...

≫続きを読む

 

学習効果アンケート(高校生)

高校生10人(1〜3年生)に頼んで、「聞き流すだけで英語をマスター:ピーターラビット」のCDを実際に使ってもらい、使用前と使用後について、学習効果アンケートを実施しました。(1)このCDには、日本語→英語の交互文(約40分)の後に、英語のみの原文が20分ほど  録音されています。最初に、高校生に英語...

≫続きを読む

 

通勤時間に英会話

リスニング練習の素材は、英会話教材として、数多くの音声教材が販売されています。英語学習関連の書籍や雑誌には、あたりまえのようにCDが添付されています。あるいは、英語音声をダウンロードできるニュースサイトやPodcastサイトもあります。こういったサイトを使えば、ほとんど無料で素材を入手できます。この...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ